2006年01月10日

恋愛・交際 等々

先日、ウィル・スミス主演の「最後の恋のはじめ方」という映画をレンタル屋さんで借りてきて観てみました。

恋愛ドクターのお話で、仕事柄、結構参考になりました。

そこで、ウィル・スミス演じる恋愛ドクターのアドバイスなんですが、
まず、恋愛の最初、キッカケはまず何でもよい。
大切なのは、そこでいかに第一印象を好印象なものにするか。

そこで、お相手と接するときの振る舞いは大切。
姿勢を正して、言葉少なでもいいので堂々と言葉じりをハッキリと
話をする。話をしていない時は口は閉じる。
ファッションに気を使う。
マニアックな話はしない(趣味が共通していれば別ですが)
とにかく最初は好印象を持ってもらうことが大切なので、
”形”から入る。
そして、プラス、お目当てのお相手だけに丁寧に接するのではなく、
その周りの人にも親切丁寧に接する。
案外、こういうところってチェックが厳しいので、ベストは、
自然とまわりに気を使うことが
できるように普段から練習すること。

中身が勝負だなんて、服装に全く気を使わない人がいますが、
そんな人は交際関係に至るのさえ望み薄です。
服装は自分のためというよりは、出会いをいいものにするため
相手のために気を使うもんだという発想をもちましょう。
本当に中身のある人って、状況に合わせて身だしなみを
使い分けられる人だと思うんですよね。

ただ、そんな、ウィル・スミス演じるヒッチも自分の恋愛となると
失敗続きで、何をやっても空回り。
中にはそんなアホなと思うところはあるんですが・・・(笑)

確かに形ばかりにこだわりすぎるとお互い疲れてしまいます。
だから、お互いある程度親密になれば、最終的に大切なのは、
熱意とあなたに気があります(もしくは結婚したい)という
ハッキリとした意思表示。

まあ、最後的に惹かれるのは、お互いの地の部分なんでしょうが、
お互いザックバランに地が出せるまでに親密になるのは、思っている
以上に気をつけるポイントがあるというこです。

皆さん健闘を祈ります。




lakeyoichi at 15:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔